London-Kyoto FAPDA Award 2019のDigital Art CategoryでFinalistsに選ばれました。2019年5月に京都で展示されます。FAPDA(Film / Animation – Photography – Digital Arts )Awardは英国王立美術大学|Royal College of Art (RCA)の教授などが審査員を務める国際的な評価を得られるAwardです。

評価された作品は”In the wine glass +”という作品です。

この作品はギリシャ神話の女神、狩猟・月の女神といわれるアルテミスにまつわる話をインスピレーションとしています。アルテミスは太陽神アポロンの双生児の妹(姉)であり、美しい処女の猟人の姿しています。ローマ神話のディアナ(英語形ダイアナ)と同一視される女神で、「鹿」は女神アルテミスにとって神聖な動物です。アルテミスは「鹿」を守護し,「鹿」を生贄とする女神でもあります。

この作品は『アルテミスは神聖な動物で生贄の「鹿」をワイングラスの中に入れると、その「鹿」は突然チェロを持ち出し演奏を始めた。。。』という空想を始まりとして、ファンタジー世界に登場するような山奥のレストランの壁にかけてある絵画をイメージして制作した創造的な作品です。

https://eastwest-artlink.net/fapda-digital

制作2016年